フルオロシリコーンOリング(FMVQ)材料の説明

フルオロシリコーン(FVMQ)は、シリコーンゴムの側鎖のようなもので、トリフルオロプロピル、メチル、およびビニルを結合します。機械的および物理的特性はVMQに似ています。ただし、FVMQは、耐燃料性と鉱油耐性が向上していますが、標準のVMQよりも熱風耐性が低くなっています。

フルオロシリコーンは、フッ素エラストマ(FKM)とシリコーンを配合した材料です。優れた圧縮永久歪みと高温および低温での性能により、フルオロシリコーンOリングは汎用用途でより広く受け入れられるようになっています。それにもかかわらず、フルオロシリコーンOリングは、航空宇宙用途で最も一般的に利用されており、特にジェット燃料に対する耐性が高く評価されています。フルオロシリコーンOリングは耐摩耗性が低く、静的環境での使用に適しています。

フルオロシリコーンOリングは通常青色で、保管寿命は無制限です。

硬化システム:過酸化物硬化

標準のFVMQコンパウンドは金属過酸化物硬化です。

フルオロシリコーンOリングの温度範囲:

標準低温:-60°C(-76°F)
標準高温:177°C(350°F)

スペックシート:フルオロシリコーンゴム(FVMQ)70デュロメーター

フルオロシリコンOリングの販売店

Product Inquiry

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

フルオロシリコーンOリングの使用に適した環境

Performs Well In:

  • 燃料
  • 芳香族鉱油
  • ベンゼン、トルエン
  • オゾンと天気

Doesn't Perform Well In:

  • ブレーキ液
  • ケトン
  • ヒドラジン