ASTM D2000規格

読み方と解釈方法

Oリング仕様で使用される最も一般的な材料分類システムは、ASTM D2000としても知られる自動車用途のゴム製品の標準分類システムですSociety of Automotive Engineers (SAE)によって開発されたラインコールアウトは、エラストマー材料を記述する簡単な方法です。このページは、ASTM D2000ラインコールアウトの詳細なガイドです。

ASTM D2000ガイド:

  • Oリングとシールに適用されるASTM標準を理解するのに役立ちます。
  • ASTM D2000コールアウトの各セグメントを効果的に分類します。
  • タイプとクラスの材料指定と要件のサフィックスが含まれています
  • ダウンロード可能なリンクを使用してメールで送信できます

完全なASTM D2000ガイドは、以下のページの残りの部分に続きます。

Get The ASTM D2000 Guide Emailed To You!

ASTM D2000ラインコールアウトの読み方

仕様改訂

ASTM-D2000-99 M 2 HK 7 14 A1-10、B38、C12、EF31、EO88、F15、Z1

これは、ラインコールアウトが参照するD2000の改訂年を示します。

測定単位

ASTM D2000-99 M 2 HK 7 14 A1-10、B38、C12、EF31、EO88、F15、Z1

Mが存在する場合、メートル単位が引張強度、温度、引裂強度に使用されます(それぞれMPa、°C、kN / m)。 Mが存在しない場合、英語単位が使用されます(それぞれpsi、°F、およびppi)。

グレード番号

ASTM D2000-99 M 2 HK 7 14 A1-10、B38、C12、EF31、EO88、F15、Z1

これは、材料が受ける可能性のあるテスト要件のレベルを示します。たとえば、グレード1では、基本的な特性のみが必要であることが示されていますが、グレード2〜9では、低温脆性や特別な熱老化試験などの追加の試験基準が必要です。この例では、グレード2の要件の一部またはすべてを満たす必要があるフルオロカーボン材料を検討します。グレード番号は、すべての材料タイプとクラスに関連するわけではないことに注意してください。

タイプとクラス

ASTM D2000-99 M 2 HK 7 14 A1-10、B38、C12、EF31、EO88、F15、Z1

以下に示す表には、タイプとクラスに使用される最も一般的なポリマーが含まれています。

分類システムD2000

SAE J200材料指定(タイプおよびクラス)

頻繁に使用されるポリマーのテスト
AA 天然ゴム、再生ゴム、SBR、ブチル、EPポリブタジエン、ポリイソプレン
AK ポリスルフィド
BA エチレンプロピレン、高温SBR、ブチル化合物
紀元前クロロプレンポリマー(ネオプレン)、cm
BE クロロプレンポリマー(ネオプレン)、cm
BF NBRポリマー
BG NBRポリマー、ウレタン
BK NBR
CA エチレンプロピレン
CE クロロ硫化ポリエチレン(ハイパロン)、cm
CH NBRポリマー、エピクロロヒドリンポリマー
DA エチレンプロピレンポリマー
DE CM、CSM
DF ポリアクリル(アクリル酸ブチル系)
DH ポリアクリルポリマー、HNBR
EE AEM
EH ACM
EK FZ
FC シリコーン(高強度)
FE シリコーン
FK フッ素化シリコーン
GE シリコーン
HK フッ素化エラストマー(Viton®、Fluorelなど)
KK パーフルオロエラストマー

各タイプおよびクラスについて、ASTM D2000には、すべての基本的な要件、物理的特性、およびすべての接尾辞の要件を記載した表が含まれています。

硬さ(デュロメーター)

ASTM-D2000-99 M 2 HK 7 14 A1-10、B38、C12、EF31、EO88、F15、Z1

この数値は、ショアA単位でのデュロメーターの範囲を示します(プラスまたはマイナス5ポイント)。この例では、指定された材料の硬度は70±5デュロメーターです。

抗張力

ASTM-D2000-99 M 2 HK 7 14 A1-10、B38、C12、EF31、EO88、F15、Z1

次の2桁は、材料の最小引張強度を示します。測定値がメートル単位の場合、数字はMPaを示します。測定値が英語単位の場合、数字はpsiを示し、その測定値の最初の2桁のみが示されます。この例(メートル単位)では、2つの引張強度の桁は「14」であるため、必要な最小引張強度は14MPaです。この例が非メトリックの場合、このコールアウトは20(14 Mpa = 2031 psi)になります。

ラインコールアウトの最初の6文字は、必要なエラストマーの種類とその物理的特性に関する多くの基本情報を提供します。ほとんどの仕様では、シールがアプリケーションのニーズを満たすことを保証するためにより多くの情報が必要です。

追加要件のサフィックス

ASTM-D2000-99 M 2 HK 7 14 A1-10、B38、C12、EF31、EO88、F15、Z1

ラインコールアウトに追加されるサフィックスは、示されたグレード番号ごとの材料のテストおよび性能基準を示す文字と数字の組み合わせです。この例では、A1-10は耐熱性テストを示しています。 B38は、圧縮永久歪みテストを示します。 C12はオゾンに対する耐性を示します。 EF31およびEO88は、流体抵抗基準を示しています。 F15は低温脆性基準を示します。 Z1は、テスト条件を含めて指定する必要があるユーザー定義の要件を示します。

拡張サフィックスコールアウトの詳細については、ASTM D 2000を参照してください。

接尾辞テストが必要
A 耐熱性
B 圧縮セット
C 耐オゾン性または耐候性
D 圧縮変形抵抗
EA 流体抵抗(水性)
EF 流体抵抗(燃料)
EO 流体抵抗(オイルと潤滑剤)
F 低温抵抗
G 引裂抵抗
H 耐屈曲性
J 耐摩耗性
K 密着性
M 難燃性
N 耐衝撃性
P 耐汚染性
R 回復力
Z 特別な要件(詳細に指定)