業界で最高品質の加硫Oリング

あらゆる用途に対応する数百種類のコードを取り揃えています

加硫Oリングは、両端が融合したカットコードストックから作られ、静的シーリング用途に最適なオプションです。未硬化の材料の液体形態を端に適用し、加熱された型でそれらを結合します。熱と圧力により、液体材料が硬化し、長鎖分子間の架橋によって両端間に化学結合が形成されます。弊社が製造する加硫Oリングは、当店を出る前に100%検査し、材料に欠陥がなく、接合部が清潔で丈夫であることを確認します。動的アプリケーションの非標準サイズの場合、カスタム成形されたOリングを製造できます。

私たちが提供するもの

Global O-Ring and Sealは、プロファイル、材料、断面、デュロメータ、および色の組み合わせで、 100万フィートを超えるコードを在庫する500種類のコードを運びます。加硫Oリングは、円形、正方形、Xプロファイル、およびカスタムプロファイルで製造できます。

加硫する標準材料には、ブナ(ニトリル)、バイトン®(FKM)、アフラス、ネオプレン、EPDM、ネオ/ EPDMブレンド、シリコーン、フルオロシリコーンが含まれます。

コードはバットカットまたはベベルカットにすることができます。バットカットはストレート90ºアップダウンカットです。ベベルカットは、スカイブカットとも呼ばれ、45度の角度でスライスし、表面積との接触の機会を増やし、引張強度を高めます。コード公差の詳細については、ここをクリックしてください

当社の加硫Oリング計算機は、断面およびID、OD、MD、カット長などの他の既知の寸法に基づいて、加硫Oリングの必要な寸法を自動的に計算します。

加硫Oリングの販売店

詳細、見積もり、専門家による相談、または注文については、832-448-5550に電話するか、製品お問い合わせフォームを送信してください。

Product Inquiry

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

継続的改善

最善を尽くすために投資を続けています。その際、自動切断機やコンピューター制御の加硫機などの機器を追加して、加硫能力と生産性をさらに向上させました。

コードを自動または手動で切断するかどうかに関係なく、業界の許容基準を満たしているか、それを超えることが保証されます。

品質試験

各Oリングは、加硫ショップを出る前に、フィットと仕上げを個別に検査されます。加硫された製品の定期的なサンプリングは、プルテスターによって故障するまで引き伸ばされます。引張強度、破壊力、および極限伸びが記録および分析されます。

これらのテストを定期的に実行することで、グローバルOリングおよびシールは加硫プロセスを監査および改善し、可能な限り最高品質のOリングを提供し続けることができます。

検査手順

適切な接着剤、正しい温度の加硫プレス/金型、および硬化時間を利用することにより、接合部を加硫することができ、規定の仕様を超えます。さらに、最終製品が最高品質であることを保証するために、出来映えも同様に重要です。グローバルOリングおよびシールは、製造するすべてのリングの100%を検査して、仕上がり基準が満たされていることを確認し、受け取った製品が約束どおりに機能することを確認します。以下は、各加硫リングで行われた検査手順です。

検査に合格していなければ、加硫されたリングは当店から出ません。各リングは、ねじれと引きの強さのために行使されます。リングを動かした後、拡大鏡の下で徹底的に検査され、亀裂やピンホールが発生していないことを確認します。検出プロセスでは、フラッシュ、ピンホール、その他の不適合を検査しながら、リングをわずかに曲げます。下の図に示すように、リングを過度に曲げることは推奨されません 。これは、その用途でリングを曲げることを意図していないためです。リングを曲げると、カンチレバー効果が生じ、リングの外縁にかかる張力が大きくなります。これは、関節の損傷につながります。

加硫能力

コードストックの1,000,000フィート以上

自動コード切断機

ユニークな用途向けのカスタムプロファイル金型を製造できます

1日に1,000以上の加硫リングを生産する能力