テストする:ベベル対。バットカットOリング

長年にわたり、結合部の表面積が増加したベベルカットOリングは、バットカットOリングよりも強力であることが、シーリング業界ではよく知られています。コンセプト自体は理にかなっていますが、テストすることにしました。 2つのジョイントの技術評価を行った後、実際のテスト段階を行いました。以下のビデオは、調査結果の要約をキャプチャしています。

この実験では、コードの3つの断面をテストしました–。 139″ 、. 275″ 、および.500″ –社内プルテスターのベベルカットジョイントとバットカットジョイントの両方を使用して作成(右の写真)。引張り試験機を使用して、さまざまな結合の平均引張り強さを決定できます。これは、破損するまでコードを引張ることによって行います。ポンドの力が記録および表示され、障害点までの関節にかかる最大応力が示されます。

これで実際のテスト計画を確認したので、ベベルカットジョイントとバットカットジョイントの間で作用する数値要素を見てみましょう。

ベベルとバットの背後にある数字

突合せ対ベベルカットジョイントの引張強さを計算するには、最初に、ジョイントの強さに関連する2つの要素、結合強度と結合される表面積を分析する必要があります。下の図を参照してください。

45°ベベルカットの表面積は、バットカットより38%大きくなります。ここで停止した場合、ベベルカットにより、バットカットより38%強いジョイントが生成されると想定します。しかし、それは話の半分にすぎません。ベベルカットを使用すると、ジョイントに引張力とせん断力の両方が均等に作用します。

引張強度と比較して剪断強度を決定するための卓越した理論は、剪断強度が引張強度の1 /√3倍(57.7%)として計算されるミーゼス降伏基準です。 T =((1 + .577)/ 2)×1.38 = 1.089。バットカットジョイントより8.9%強力です。

この理論値をテストするために、ニトリル70デュロメーターコードの3つの断面で加硫ジョイントを破壊するのに必要な力をサンプリングしました。各ジョイントタイプ/断面の3つのサンプルをテストしました。

実験結果

2つのカットと3つの断面の間の力の平均ポンドを比較して、最終結果が下に表示されます。

カットタイプ.139″ CS .275″ CS .500″ CS
バットカット10.1 29.2 92.3
ベベルカット10.5 22.6 83.6

引張り試験の結果は、3つの断面のうち2つについて、突き合わせカットジョイントはベベルカットジョイントよりも平均して高い引張強度を示した。

結論として、テストした加硫Oリング部品の突合せカットジョイントよりもベベルカットジョイントの方が絶対的な引張強度の利点を証明できませんでした。実際、3つのサイズのうち2つでは、バットカットジョイントのパフォーマンスがわずかに向上しました。グローバルOリングとシールは、どちらをお好みでも、お尻とベベルカットの両方のOリングを製造できます。加硫Oリング計算機を使用して寸法を設定し、カスタマイズされたOリングを注文するか、832-448-5550の営業チームに直接お問い合わせください。

関連記事